男性用オーダーメイドかつら専門店アートリイド公式サイト

かつらのご案内|ALK-TFT

これ以上の自然さはない!

店長も使う信頼のTFT画像

店長も使う信頼のTFT画像

参考:TFTの使用年数はお客様平均2~3年、AL-NLシリーズは3~4年ですが、共に年数の前後はございます。

■ TFTは多い毛量から頭皮が透けるほどの少ない毛量まで作れる

かつらのご経験者ならお分かりと思いますが、毛量を少なくするとベースが透けて見えてしまうことがあります。そのためご年配の方からのご要望が多い、年齢に合わせて少ない毛量で製作するということは難しかったのです。しかしTFTは、少ない毛量で製作してもベースが地肌に透過して見えなくなることから、”年を重ねるごとに自毛(地毛)が抜けていき、地肌が透けて見えてきた”、というような髪型まで作れるようになりました。
TFTは多い毛量から少ない毛量までご製作できますので、すべてのご年齢の方のご要望にお応えできる製品です。
見本の毛量100%(右方向へのオールバック状態)
見本の毛量100%(右方向へのオールバック状態)
見本の毛量30%(右方向へのオールバック状態)

■ TFTは短髪もできる

かつらでは難しかった短髪ヘアー。
なぜカツラでは短髪が難しいのかというと、髪が短くなるほどベースが透けて見えやすくなってしまうからです。髪の毛をベタっと寝かせてしまえばベースは見えなくなるかもしれませんが、それでは多様な短髪ヘアースタイルに対応できません。
TFTはベースが地肌に透過して見えなくなることにより様々な短髪ヘアースタイルを可能にしたのです。
右の写真よりも、もっともっと髪を短くすることもできます。もちろん、普通の長さやロングヘアーでもできます。
TFTは短髪もできる画像
かつらでは難しかった短髪ヘアー。
なぜカツラでは短髪が難しいのかというと、髪が短くなるほどベースが透けて見えやすくなってしまうからです。髪の毛をベタっと寝かせてしまえばベースは見えなくなるかもしれませんが、それでは多様な短髪ヘアースタイルに対応できません。
TFTはベースが地肌に透過して見えなくなることにより様々な短髪ヘアースタイルを可能にしたのです。
右の写真よりも、もっともっと髪を短くすることもできます。もちろん、普通の長さやロングヘアーでもできます。

TFTは短髪もできる画像

■ TFTは前髪を上げても自然、下げても自然

人の髪型は多種多様です。その中でもかつらでは苦手だった生え際を見せる髪型にすることもTFTなら可能です。
生え際の一部を見せるような髪形、オールバックのように生え際を全部見せる髪型、逆に前髪を下げる髪型まで自由自在です。常に同じ髪型でいるよりも、たまには変えてみるのも良いでしょう。
TFTは前髪を上げても自然画像
前髪を上げても自然スマホ用画像

■ TFTの動画をご紹介します

■ TFTは生え際から手グシやブラッシングができる!

地肌とベースの段差をほぼ感じることなく手グシやブラッシングができます。また、地肌にしっかりと固着するため手グシなどの際にベースがめくれることもありません。

 

TFT使用【動画】
生え際から手ぐし&簡単セット
1分49秒

 

■ TFTは強く引っ張っても外れない!安心の装着安定性

毎日着脱しても着けっぱなしにしてもどちらもOK
引っ張りに強いTFTは、日常生活の様々な場面で安心です。
例えば、大型台風の超強風でも装着安定性は揺るぎません(店長のかつら体験記vol.10:台風でも平気なかつら、で実験済です)。
また、「激しく動くスポーツで大量に汗をかいても外れたりしないか?」、「数週間から1ヶ月くらい着けっぱなしにできるカツラはないか?」と考えている方にもオススメです。
装着状態の強弱はご自身で調節できます。もちろん、着けっぱなしにすることなく毎日着脱することもできます。
また、従来のようなゴツゴツしたかつらベースではございませんので、他人に頭を触られても気づかれることはありません。

 

TFT使用【動画】
強い引っ張りOK外れない!
5分06秒

 

■ 着けたままシャンプーができる!

宿泊を伴う出張や旅行。自分一人だけならともかく誰かと相部屋の時はかつらを外せません。
そういう時・・・シャンプーが不安。着けたままシャンプーしたら外れたりしないかな?・・だったら、シャンプーするのやめようか・・・でも、自分だけシャンプーしないのは変に思われたりしないかな?・・・大丈夫です、TFTなら着けたままでもシャンプーができます。

 

TFT使用【動画】
着けたままシャンプーができる
4分20秒

 

■ 仕様内容を決めてから製作

アートリイドの製品はオーダーメイド製作になりますので、TFTをご製作する際は頭部の型取り後に下の見本のように仕様内容を決める必要があります。製品の仕様はこちらで一方的には決めません。お客様にいくつかの見本を試着して頂きながら髪型や毛量、その他様々なことを綿密に打ち合わせていきます。
そして、これ以上ないというぴったりの仕様内容を決めてから製作に入ります。
毛量設定、髪色、白髪ミックスの割合量、又はオール白髪、カールの有無、人毛、人工毛、ミックス毛(人毛+人工毛)など、お好みの仕様でオーダーメイドしても追加料金はかかりません。
価格見本画像
仕様内容を決めてから製作画像

かつらの価格とランニングコストはこちら
ご装着までの流れはこちら

PAGETOP